国際健康医療顧問事業について

2010年6月に日本で新成長戦略におてい国際医療交流(外国人患者の受け入れ)を促進することが決定され、2013年度の本格受入開始に向けて、関係省庁や地方自治体、企業、医療機関等において様々な検討や取り組みが始まっている。

近年急劇に発展してきて日本での医療ツーリズムの状況に応じ、日本国際健康医療顧問協会は日本の医療資源を統合し、高品質の医療サービスを訪日患者に提供し、お患者様の病気が治るまで努めて参ります。